ルナメアACの注意点

是非ニキビケアにルナメアACを使いたいけれど、デメリットなどはあるのでしょうか?

やはり肌は人それぞれ個人差がありますから、肌に合う合わないがあります。
覚えておきたいデメリットを先に知っておきましょう。

 

 

 

クレーター状のニキビ跡には効果がない

 

デメリットの1つに、クレーター状のニキビ跡、炎症の強いニキビには効果が感じられないというものがあります。
ニキビ跡を消したいというのであれば、別のアイテムが必要となります。
ルナメアACはニキビを予防する目的で作られていますから、出来てしまったニキビにはなかなかアプローチしづらいのです。
酷く赤く膿んでいるニキビの場合は、ルナメアACでケアするのではなく、皮膚科へ行ったほうが確実です。

 

クレーター状のニキビ跡は真皮にまでダメージが及んでいる状態です。
これは真皮にある線維芽細胞を活性化する必要があります。
線維芽細胞の活性化にはビタミンCのイオン導入やピーリング、レーザー治療などが有効です。

 

 

また使い心地としてオイリー肌には若干ベタつくとの声もあります。
ルナメアACは保湿力がしっかりしているという声がありますから、さっぱりタイプが好きな女性はあまり好まないかもしれません。
オイリー肌の女性は特にさっぱり系の化粧水が好きな傾向にありますから、ちょっと使い心地が嫌だな、と感じることもあるようです。

 

 

少なくとも1か月以上続けられるかどうか

 

お肌のターンオーバーは28日周期というものを聞いたことがあると思いますが、実際、その程度ルナメアACを続けなければ効果が目に見えて出てきません。
ですからルナメアACを最低でも1か月は続ける覚悟で大人ニキビと向き合う必要があります。

 

飽き性だ、という人には向いていません。
自分の肌質に合っている、とトライアルキットで感じたのなら、少なくとも1か月は続けてみましょう。効果を感じることが出来ると思います。

 

1か月、2ヶ月と経っていくうちに大人ニキビが出来にくくなり、健康な肌に戻ることが出来ますから、それまで続ける必要があります。
ただ、そのときに出来てしまったニキビ跡には効果はありませんし、消すと言うことは出来ませんから、その点はデメリットであると言えます。
ただ、その点以外を見れば、大人ニキビに最適なスキンケアコスメだと言えるので、トライアルをまずは試す価値はあります。