ルナメアACの界面活性剤について

ニキビ体質の女性は、洗顔料をまず見直す必要があります。
また、大人ニキビが出来た場合も同様に洗顔を見直す必要があります。
洗顔は毎日するものですから、スキンケアアイテムとしてしっかりニキビケア出来るものがベストでしょう。
そんな中、ルナメアACはどのように評価されているのでしょうか?

 

 

合成界面活性剤不使用だから安心!

 

まず、ルナメアACのラベルを見ると分かるように、石油界面活性剤という化学物質が入っていないのが分かります。
石油系界面活性剤が入っていると何故いけないのか?ということになりますが、実際どんな成分なのでしょうか。

 

界面活性剤は水、油分をつなぐ役割をしてくれる成分と言って良いでしょう。
洗顔料には水に溶けやすいものと油に溶けやすいものがあり、その両方を原材料にしているのがよく販売されている洗顔フォームなのです。
これら2つの相反する成分を合成させるために界面活性剤が使われていることが多いのです。

 

ルナメアACは石油系の界面活性剤が使われていませんから、洗顔も安心して使うことが出来ますし、ふわふわの泡でしっかり洗うことが出来るのです。
敏感肌や乾燥肌の場合、洗顔後は肌がつっぱります。そのため、化粧水や保湿液でしっかり潤いを補給する事が大切です。

 

 

泡立つものがよく入っているもの

 

合成面活性剤が使われているもので、分かりやすいのが泡立ちが良いものという点があります。
しかし泡立ちがよくても刺激の強い成分が絶対に入っているというわけではありませ。

 

石鹸にも石油系界面活性剤が使われていることがありますが、ルナメアACにはそのような成分は使われていませんから、安心して使うことが出来ます。
またルナメアACの場合、毛穴と同じ環境で脂馴染をよくした成分で油溶性の成分のみアプローチし、皮脂をごっそりとってくれますから、ニキビ予防に役立ちます。

 

 

ニキビ肌にルナメアACはやはり人気があります。
合成界面活性剤が使われているものは泡立ちも良く感触も良いものが多いですが、やはり敏感になっている状態の肌ですから、出来るだけ自然のものを選ぶほうがよいでしょう。

 

 

食物繊維が肌を美しくする?

 

ルナメアACの洗顔料にはファイバースクラブと呼ばれる成分が配合されています。このファイバースクラブには食物繊維が入っています。
大人ニキビは毛穴の汚れが関係していますから、その汚れをしっかり落とす必要があります。

 

ルナメアACは食物繊維が豊富に入っており、刺激のないファイバー上のスクラブよって毛穴汚れを落とすのです。
粒上のスクラブタイプの洗顔料も人気がありますが、肌ダメージが大きいため、デリケートな肌の女性には使うことは難しいのです。
その点、ルナメアACなら食物繊維が優しく汚れをからめとってくれますから肌への負担スピードが少なくなります。