あごニキビを改善する食事

あごニキビにはキンケアだけでなく、食事もとても大切です。
長年ニキビに悩まされている人が食べ物を変えたら効果が出るということはよくあります。あごニキビの原因は毛穴の詰まりです。

 

毛穴の詰まりは皮脂の過剰な分泌によって発生します。皮脂の分泌は食べ物が大きく影響しています。ここではあごニキビの改善におすすめの食事について紹介します。

 

 

ニキビに効く食べ物とは

市販のニキビ薬のにはビタミンBが入ったものがよくみられます。ビタミンB群は、ビタミンB2、B6などがあります。ビタミンB群が多く含まれている食品は納豆・マグロ・卵・レバー、豚肉などがあります。ビタミンB郡には新陳代謝を促す役割や皮膚や髪に栄養を与える役割もあります。ビタミンBの他にも、活性酸素を阻害するビタミンCやビタミンE、皮膚の働きや免疫向上の効果のあるビタミンAなども積極的に取り入れたいものです。

 

ニキビに悩む方で同時に便秘に悩む方もいますが、食物繊維を摂ることが大切です。豆類や芋類、ごぼうなどの根菜類に多く含まれていますので、意識して食事に取り入れましょう。便秘には乳酸菌も大事です。ヨーグルトや糠漬けなどの発酵食品もおすすめです。

 

 

ニキビに良くない食べ物とは

ニキビに良くない食べ物も知っておきましょう。炭水化物や甘い食べ物は過剰皮脂になってしまいます。
糖分の分解にはビタミンB群を消費しますが、残った糖質は脂肪として体内に蓄積され、皮脂による毛穴の詰まりを引き起こします。

 

油分の多い食べ物も過剰皮脂の原因になりますから、揚げ物など脂っこい料理はなるべく避けましょう。辛いものなど刺激のあるものは内臓に負担をかけてしまうためニキビができている人は炎症を悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。