ビタミンC誘導体の特徴、効果

ビタミンC

 

●ビタミンC誘導体の効果
ビタミンC誘導体はニキビ対策に有効な美容成分です。化粧水や美容液にも多く使われています。
ここではビタミンC誘導体の効果について紹介します。

 

・皮脂抑制
ビタミンC誘導体には皮脂を抑える作用があります。皮脂を抑える事で、アクネ菌の発生も抑制。
アクネ菌の発生を抑えることでニキビを予防します。

 

・シミ予防
ビタミンC誘導体にはシミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。
紫外線によって発生しやすいシミの予防に有効です。

 

・コラーゲン合成
ビタミンCにはコラーゲンのもとになるコラーゲン繊維の合成を促進する作用があります。
ただ、化粧水だけではなかなか浸透しません。イオン導入や新型ビタミンC誘導体配合化粧水が有効です。

 

 

●ビタミンC誘導体の種類

 

・水溶性ビタミンC誘導体
化粧水に使用されるビタミンC誘導体です。水溶性ビタミンC誘導体は即効性があり、イオン導入も可能です。
水溶性ビタミンC誘導体にはリン酸アスコルビルmg、アスコルビル酸2グルコシドなどがあります。
ただ、水溶性ビタミンC誘導体は乾燥しやすいデメリットがあります。

 

 

・油溶性ビタミンC誘導体
油溶性ビタミンC誘導体クリームやジェルに使用されるビタミンC誘導体です。持続性があり、ゆっくりと浸透します。
水溶性ビタミンC誘導体よりは保湿力がありますが、イオン導入に使用できません。ニキビ化粧品にはあまり使用されません。

 

 

・新型ビタミンC誘導体(APPS、VC200など)
新型ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性の特徴をもちあわせたビタミンC誘導体です。
最大の特徴は浸透力にあります。通常のビタミンC誘導体に比べて約100倍の浸透力があります。
肌の奥まで届けることでニキビ、シミ、シワなどの肌老化を改善します。

 

 

新型ビタミンC誘導体配合のプリモディーネVCローション

 

プリモディーネ

 

プリモディーネのVCローションには、新型ビタミンC誘導体「APPS」を高濃度で配合。APPSはしっかりと浸透し、皮脂分泌をコントロール。さらに、活性酸素を阻害する作用などもあります。さらに、シミ予防やシワ対策などにも有効な美容成分です。

 

VCローションはその他、シミを予防するアルブチン、代謝を促進する酵母エキス、ハトムギエキスなども配合。肌にしっかり浸透して、ニキビやシミの改善をサポートします。

 

また、VCローションにはパラベン、香料、フェノキシエタノールなどの刺激成分は使用していません。そのため、敏感肌にも安心して使用できます。VCローションはべたつきなく、さらっとしたテクスチャーです。しっかり浸透し、毛穴を引き締めてくれます。肌の状態が改善し、他の化粧品の浸透力を高め、化粧ノリも良くなります。