ニキビの改善におすすめの食事

 

大人ニキビには食事も非常に重要です。化粧品によって外側からアプローチするだけでなく、内側からもしっかりとアプローチする必要があります。ここでは大人ニキビの改善に欠かせない食事、栄養素について紹介します。

 

 

ビタミンB群

 

ニキビ対策に欠かせないのがビタミンB群です。特にビタミンB2は皮脂の元になる脂質の代謝を促進する作用があり、ニキビケアに書かせません。食事として摂取する脂質や糖質を分解し、エネルギーを作る働きがあります。そのため、ビタミンB2はニキビケアだけでなくダイエットにも有効な栄養分です。ビタミンB2はレバー、うなぎ、納豆、牛乳、ヨーグルト、卵などに含まれています。

 

 

ビタミンB6にはタンパク質代謝作用があり、お肉や魚などを分解し、エネルギーに変える働きがあります。ビタミンB6が不足すると肌の炎症を起こしやすくなります。ビタミンB6にはタンパク質合成作用によって髪の毛や皮膚、粘膜などを作る作用をはじめ、アレルギー症状の緩和作用、ホルモンバランスを整える作用などがあります。ビタミンB6はレバー、さんま、マグロなどの青魚、バナナ、卵などに含まれています。

 

 

ビタミンC

 

ビタミンCには強い抗酸化作用があります。ニキビの多くは炎症と活性酸素が原因です。さらに、ビタミンCには皮脂の分泌を抑える作用やコラーゲン合成をサポートする作用もあります。ビタミンC配合の化粧品に加え、食事でもしっかりと摂取することでニキビやシミを予防します。レモン、アセロラ、キウイ、イチゴなどの果物をはじめ、赤ピーマンやじゃがいもなどの野菜にも含まれています。

 

 

イソフラボン

 

イソフラボンには女性ホルモン「エストロゲン」に近い働きがあります。ニキビの原因となる皮脂はホルモンバランスが乱れると増加する傾向があります。そのため、イソフラボンを摂取することでホルモンバランスを整え、大人ニキビの予防や改善を促進することが可能です。イソフラボンには更年期症状の予防作用や肌のハリ、弾力の改善などにも有効です。イソフラボンは大豆に多く含まれ、納豆や豆腐、きな粉、味噌などに含まれています。